勝ち続けるためにバックテストすべき期間とは?

この記事は約 1 分くらいで読めます。

新たに手法を検証するときバックテストはしますよね
でも、バックテストすべき期間を間違っている人が多いです。

順張りならバックテストすべき期間は、レンジ相場の期間

こちらのチャートは、2013年8月~12月までのユーロ/円チャート
eurjpy20130712

この中では、順張りなら検証すべき期間は8,9,10月の3ヶ月
トレンドが続いている11,12月は省きます。

なぜレンジ相場を検証するのか
それはレンジ相場でも勝てるかどうかが重要だからです。

トレンドが続いている期間は、順張りなら勝って当然です。
勝率も高いのも当然。

そんな向いている相場をバックテストしても
勝ち続けることはできません。

よく配信系で
「成績が悪化しロジックを変更しました」
とうことありますよね

それは、向いていない相場に対応できていない証拠です。

バックテストすべき期間は、向いていない相場であり、順張りなら
レンジ相場でバックテストし、十分対応できているか確認する必要があります。

FX・株・日経で稼げるようになった秘密をメルマガで大公開!


■お名前(HN可):
■メールアドレス:



コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

プロフィール


管理人:KOL
チャートのみでFXと株6年以上
これまでメルマガやツイッターで後出しなしで何度も予想的中させている実績あり^^
メルマガで勝率7割の配信実績
まだ成果が出ていない方の為に全力でサポートしていきます。

KOLの経歴・予想結果

m_e_inquiry_84

■運営ブログ・サイト
株専用ブログ
特典付き対象商材リスト
FX業者徹底比較
メンバー専用(FX)
メンバー専用(株・日経)

このページの先頭へ