グランドセオリーFXは本当に稼げるか検討してみた!特典付き

この記事は約 10 分くらいで読めます。

grand
グランドセオリーFX

販売者さんは、当ブログと同じようにFX関連商材の評価ブログを運営しています。数多くの商材を見て検証しているだけに、期待はできるかもしれません。

ただ、1日わずか31分、勝率72%、月間1,184pipsの根拠である
データーが何もない?

せっかくブログを運営してるのだから、週間成績など掲載してほしいですね。

PDF:383ページ、動画:7時間48分、音声:9時間56分と膨大な量なので
見るだけでも大変ですが、頑張ってレビューしてみました。

動画や音声はあまりに多すぎて時間の都合上無理なので、
PDFマニュアルだけでレビューしていきます。

グランドセオリーFXの中身

↓まずは、専用サイトにアクセスします。
grandmenber02

メニュー

チャートセットアップ:動画15:09分

1・レンジロジック編

PDF:45ページ
動画1-1「基本のレンジロジック」7:28分
動画1-2「ハイレンジ相場での売買ケース」7:14分
動画1-3「±1σのレンジロジック」6:08分
動画1-4「±1σと±2σの混合トレード」7:03分
動画1-5「逃げトレードとは?」7:42分
動画1-6「汚染相場でのトレード」7:53分
動画1-7「トレンドが出たときのレンジロジックは厳禁」8:32分
動画1-8「±1σを使ったレンジロジックの欠点」10:12分
音声1-9「レンジロジックで勝つためのマインド」9:05分
音声1-10「レンジで使う時間足は何がいいのか?」9:01分
音声1-11「ルールを守るだけのトレーダーは長期的には勝てない」9:03分
音声1-12「含み益が減って利確をしたときは立派な勝利」9:24分

2・トレンドロジック編

PDF:42ページ
動画2-1「トレンドの4つの波」8:56分
動画2-2「レンジをはさんだ上昇トレンド」8:02分
動画2-3「トレンドの転換→初動→ハイレンジの流れ」7:32分
動画2-4「トレンドの初動→ローレンジ→再びトレンド」8:18分
動画2-5「トレンドの中間・上げ→下げ→上げ」9:26分
動画2-6「ダラダラ下げる場合の、中間戻り売りポイント」9:52分
動画2-7「トレンドはどこで終わるのか?」10:49分
音声2-8「トレンド相場は待てないと取れない?」10:05分
音声2-9「トレンドの得意パターンを見極める」9:58分
音声2-10「トレンドの目線で、時間足を切り替える」10:06分

3・ローソク足ロジック編

PDF:27ページ
動画3-1「ローソク足のコンボ」10:40分
動画3-2「包み足」8:38分
動画3-3「スティック・キャンドル」10:08分
動画3-4「N字・逆N字ローソク」10:03分
動画3-5「陰線のオセロ・キャンドル」9:31分
動画3-6「陽線オセロから陰線オセロへ」9:46分
動画3-7「陽線のトリプル・キャンドル」9:09分
動画3-8「陰線のトリプル・キャンドル」10:18分
音声3-9「ローソク足が効かない相場状況」8:53分
音声3-10「ローソク足だけを表示してチャートを1ヶ月分見てみる」9:25分
音声3-11「まず1つ、ローソク足のスタイルを作り上げる」10:11分

4・ライントレード編

PDF:40ページ
動画4-1「1時間足の山谷ライン」10:08分
動画4-2「水平線の主な役割」10:30分
動画4-3「ハイレンジ相場でのライントレード」8:33分
動画4-4「チャイルド・ラインで15分足トレード」8:59分
動画4-5「N字逆N字と斜めのチャイルドライン」10:48分
動画4-6「オセロ・キャンドルにラインを加える」10:57分
動画4-7「トリプル・キャンドルにラインを加える」10:38分
音声4-8「ライントレードがうまくいかない理由」9:54分
音声4-9「ラインを引く回数を増やせ」10:24分
音声4-10「ラインを活用して、手法を強化する」10:16分

5・スイングトレード編

PDF:36ページ
動画5-1「4時間足のスイング・レンジCBMロジック」8:47分
動画5-2「日足を使ったスイングトレード」9:52分
動画5-3「4時間足スイング・ライントレード」9:55分
動画5-4「スイングトレードで分割決済の実例」12:05分
動画5-5「4時間足のブレイクには逆らわない」9:09分
動画5-6「日足のブレイク・スイングトレード」11:49分
音声5-7「エントリーチャンスを待つのは退屈?」10:39分
音声5-8「含み益を含み損にしない」9:43分
音声5-9「スイングで負けが続いたときのメンタル」9:36分
音声5-10「スイングトレードに向く人、向かない人」11:35分


6・トレードの学習法

PDF:36ページ
音声6-1「トレードの対話学習法・ILT」12:55分
音声6-2「対話スキルを向上させる、インプット×アウトプット」13:58分
音声6-3「メモを取れない俺たち」13:15分
音声6-4「学習に集中する時間を、意図的に取る」11:51分
音声6-5「文字を書かない人ほど、手で残せ」11:03分
音声6-6「メモを取るときに必ずやってほしい3つのポイント」12:18分
音声6-7「対話学習=繰り返しの相づち」11:03分
音声6-8「自分の得意カテゴリーと繋げる」12:09分
音声6-9「マーケットの参加者は、生身の人間の集合体」10:53分
音声6-10「学習によって内面を変化させる刺激」12:39分

7・スキャルピング編

PDF:38ページ
動画7-1「5分足レンジスキャルの基本」10:00分
動画7-2「5分足でトレンドスキャル」 11:39分
動画7-3「5分足スキャルを回避する状況」9:46分
動画7-4「5分足の変則的なトレンド」11:09分
動画7-5「5分足→15分足に拡大し戦略を広げてみる」11:12分
動画7-6「上位時間との連動させたスキャルピング」13:38分
動画7-7「30分足でトレンドのときのスキャルピング連動トレード」14:25分
音声7-8「チャートが気になって仕方ないとき」11:03分
音声7-9「負けを取り戻したいという衝動」11:22分

8・トレードノート編

PDF:41ページ
音声8-1「最低限トレードノートに書く”超”基本項目」」11:31分
音声8-2「トレードノートに書くことが増えるのは面倒くさい?」10:52分
音声8-3「負けたときが、トレードノートを残す絶好のチャンス」12:30分
音声8-4「トレードノートを残さなくなる理由」12:12分
音声8-5「トレードノートをつけて、何が変わるのか?」11:55分
音声8-6「トレードノートを書く時間がもったいないです」11:31分
音声8-7「トレードノートは手書き? それともパソコン?」11:48分
音声8-8「自分の嫌な部分と向き合う」12:08分
音声8-9「チャート画像を残すことのメリットとデメリット」13:47分
音声8-10「なんで今のトレードノートになったのか?」14:01分


9・マルチタイムフレーム編

PDF:44ページ
動画9-1「4時間プラス30分足MTFトレード」12:17分
動画9-2「4時間ブレイクからのMTFトレード」12:00分
動画9-3「中期と短期を組み合わせたMTFトレード」14:08分
動画9-4「1時間足から4時間足に切り替えるMTFトレード」10:46分
動画9-5「日足から始まるMTFトレード」11:23分
音声9-6「日足や4時間足に逆らった逆張りは厳禁」10:48分
音声9-7「2つの時間軸で、どちらか勝ちこす視点を持つ」11:54分
音声9-8「単一の時間軸を本気で極める」10:48分
音声9-9「複数時間足を見るとき、待つ姿勢は必要か?」10:48分
音声9-10「自分の好きな時間足から、スタートする発想」11:10分


10・ポジションサイジング編

PDF:34ページ
音声10-1「身の丈にあった、ポジション・サイズを理解する」12:54分
音声10-2「ロスカットから逆算して、適切な枚数を決める」11:22分
音声10-3「トレードのスタイルによって、ロットの調整をする」11:56分
音声10-4「熱くなってポジション量を増やすのはNG」11:29分
音声10-5「ロットを上げるときの、最適なタイミング」12:01分
音声10-6「ポジション枚数を上げることで起こる、抵抗と壁」12:04分
音声10-7「恐怖と向き合うことができなければ長期的には勝てない」12:01分
音声10-8「枚数を上げられない人、上げられる人」11:23分
音声10-9「持ちたいポジションと逆のポジションを同時に持つ練習」10:42分
音声10-10「3人の自分の心の声を聴け」11:04分

合計PDF:383ページ、動画:7時間48分、音声:9時間56分

凄い情報量です。これまでで一番だと思います。
PDFマニュアルだけでなく、動画や音声まであります。
最近は動画だけで、あとで見直すとき面倒ですが、
PDFマニュアルもあるので便利です。

グランドセオリーFXとは

テクニカルは、ボリンジャーバンドと一目均衡表の雲、移動平均線を
使用します。どれもよく使われるものです。

時間足は主に5分足、4時間足、日足
他の時間足でも問題なく使えます。

通貨ペアは特に指定なし

↓チャートはこんな感じ
テンプレートがないので設定が結構面倒でした。
あれば一発なんですけどね
grandt4

1・レンジロジック編

逆張りでローソク足の実体とひげの状態で判断します。

時間足はどれでも可能
デイトレでもスイングでも使えます。

エントリー方法については簡単に分かりやすく単純なのですが、
解説で複雑にしてしまっている感じがしました。
これではFX初心者は特に混乱してしまいますね。

利食いが2種類あり判断方法が曖昧なのも残念です。

2・トレンドロジック編

トレンドロジックは、トレンドの転換点、初動、中間、終息と
分けて解説しています。

トレンドの転換点は逆張り、初動、中間は順張り
終息は逆張りなのか押し目の順張りなのか不明

レンジロジック編同様に解説が複雑で混乱しました。

3・ローソク足ロジック編

ローソク足についてなんちゃら

ここまでの解説は必要なのかな

レンジ、トレンド編に続き複雑で分からない~

4・ライントレード編

水平線の引き方についての解説です。
他の手法でも役に立ちそうです。

しかしまたもや複雑に

5・スイングトレード編
7・スキャルピング編

時間足は4時間足と日足を使用します。
スキャルピングでは5分足を使用します。

トレード方法は、レンジ・トレンドロジック編で
書かれている方法でより詳しく解説があります。

バックテストは無理なので、この方法で勝てるかどうかは分かりません。

6・トレードの学習法
8・トレードノート編
9・マルチタイムフレーム編

タイトルについて詳しく解説しています。
どう解説していいか分かりません。

必要と言えば必要ですが、必要ないと言えば必要ないかな

グランドセオリーFXの総合評価

33

総合評価は標準評価としました。

一言でいうと”難しい”

PDFマニュアルだけでも途中で挫折・・・・

いろいろと入れたい気持ちは分かりますが、
万人に理解してもらわないといけないわけで、
もう少し簡単に分かりやすくまとめてほしかったです。

上級者向けの商材ですかね

普通の商材の3つ分以上の情報量なので、
全部見終わるまででも1週間はかかると思います。

見直して検証をある程度するまででは1ヶ月以上でしょうか

スイングは別として基本張り付いていないとできないので、
1日わずか31分はスイングのみ

そもそもどこから割り出した31分なのか不明でした。

一番肝心なトレード手法に関してはかなり複雑で、
再現性は低いものの、ボリンジャーバンドを使った
裁量を極めたい方にはおすすめです。

購入してすぐに結果を出せるものではなく、数ヶ月~1年かけて
じっくりと裁量トレード方法を一から学びたい人向けの商材でした。

今までの裁量系商材では、物足りない人向けだと思います

PDFや動画など多いのは別にいいと思います。
しかし、解説マニュルやトレード方法が複雑だと
続かない可能性が高そうです。

こいうものを求めている人には、高評価になるのかも

評価が分かれそうな商材です。

KOLからの購入者特典のご案内

当ブログから情報商材を購入していただいた方に、よりFX・株・
日経225で稼いでいただくよう特典を準備させていただきました。

当ブログでしか手に入らないオリジナル特典を用意しています!!

FXや株、日経225で勝ち続ける秘策を伝授いたします。

有料で販売していたものも含まれ、商材本体よりも豪華な特典です。
常にバージョンアップ、特典追加を繰り返しています。

tokuten

※特典詳細ページに記載している注意事項を確認してからご購入ください。
※対象特典は購入特典1~6です。1~3はお好きなものをお選びください。

特典を確認したら専用URLからご購入ください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
tokutengo

FX・株・日経で稼げるようになった秘密をメルマガで大公開!


■お名前(HN可):
■メールアドレス:



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

プロフィール


管理人:KOL
チャートのみでFXと株6年以上
これまでメルマガやツイッターで後出しなしで何度も予想的中させている実績あり^^
メルマガで勝率7割の配信実績
まだ成果が出ていない方の為に全力でサポートしていきます。

KOLの経歴・予想結果

m_e_inquiry_84

■運営ブログ・サイト
株専用ブログ
特典付き対象商材リスト
FX業者徹底比較
メンバー専用(FX)
メンバー専用(株・日経)

このページの先頭へ