歴史は切り返す!チャートで判断した2016年ドル円はどうなる

この記事は約 2 分くらいで読めます。

2015usd

※2015年12月下旬に書いて予約した記事です。

ドル円の月足チャートです。

高値・安値にラインを引いてみれば、
意識されたポイントがよく分かると思います。

2011年の円高で騒いでいた時期は、1995年の安値付近
そして、2015年の高値は2007年の高値付近

他にも、過去の高値・安値が転換ポイントとなっているところは多いです。

直近での似ているチャートといえば、1995年70円台の円高から1998年140円台までの円安の流れ

20年前と同じことが、2011年から起こっていたということですね。

そしてその後どうなったか
チャートを見れば分かるはず

次に、2000年の安値から2002年の高値と2005年の安値から2007年の高値

これまでの周期を見ると、安値から高値まで
2~3年でトレンドが終わっています。

今回の上昇トレンドは、2011年から2015年と4年も続いています。
2011年は後半なので2012年としてもいいですね。

となると、2016年は長期トレンドが転換して
下降トレンドに入る確率が高いということが分かります。

ただし、追加緩和などによってはまだまだ円安が続く可能性はあります。

今後の流れの詳細を予想すると月足では無理です。
そこで週足を確認します。

usdw1
usdw102

200移動平均線を抜けたところが似ていますよね

この通り同じようになるとは限りませんが、こういう流れになりやすいと
想定していれば売買が有利になります。

FX・株・日経で稼げるようになった秘密をメルマガで大公開!


■お名前(HN可):
■メールアドレス:



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

プロフィール


管理人:KOL
チャートのみでFXと株6年以上
これまでメルマガやツイッターで後出しなしで何度も予想的中させている実績あり^^
メルマガで勝率7割の配信実績
まだ成果が出ていない方の為に全力でサポートしていきます。

KOLの経歴・予想結果

m_e_inquiry_84

■運営ブログ・サイト
株専用ブログ
特典付き対象商材リスト
FX業者徹底比較
メンバー専用(FX)
メンバー専用(株・日経)

このページの先頭へ